妊娠中

妊娠中や授乳中の服用は?

妊娠中

 

ピンキープラスは妊娠中や授乳中には飲んではいけないサプリメントです。

 

妊娠中にバストアップしたいと思う女性はあまり多くはありませんが、中には産後の体型崩れを気にして妊娠中からバストアップサプリを飲むことができるのか気にしている方がいます。

 

妊娠中は、ホルモンバランスが妊娠していない時に比べて大幅に変わっています。

 

特に女性ホルモンのプロゲステロンは妊娠を維持するために、妊娠中は分泌が活発になります。

 

プロゲステロンの分泌が多い妊娠時にエストロゲン分泌を活性させると、妊娠を維持する力が弱くなってしまいます。

 

したがって流産の危険性が高まってしまう可能性があるので、妊娠中にピンキープラスを飲むことはできないのです。

 

また、妊娠中にピンキープラスを飲むことで思わぬ体調不良を招く危険性がありますので、やはり飲まないほうがいいんですね。

 

ピンキープラスを飲んでいる最中に妊娠がわかったという場合は、すぐにピンキープラスを飲むのをやめてください。

 

心配な方は婦人科の医師に相談をしてくださいね。

 

また、流産目的でピンキープラスを服用するのも止めてください。

 

確実性があるわけではありません。

 

流産する方法として、ピンキープラスなどのバストアップサプリを飲むと、体調不良を起こす可能性がありますので、医師の診察を受けて適切な処置を受けてください。

 

妊娠を継続させるのが困難な場合は、医師の適切な処置を受けるべきで安易な方法を試すべきではありませんよ。

 

授乳中もピンキープラスは飲んではいけません。

 

授乳中も母乳を作る影響で、ホルモンバランスは大きく変化しています。

 

体調を崩してしまったり、母乳が止まる(または過剰分泌)の可能性があります。

 

産後のバストアップは、授乳が終わって、母乳が止まってからが望ましい時期になります。

 

ピンキープラスは妊娠中や授乳中には飲むことができないサプリメントですが、産後、母乳が止まってからであれば、産後の体型改善にとても役立つサプリなので、活用してみてくださいね。

 

どんな評判があるのでしょうか?

 

ピンキープラス公式通販サイトはこちら!